Indeed のアクセシビリティ

Indeed は、すべての人々の仕事探しのお手伝いをしています。

Indeed では、すべての人々が快適にWebサイトをご利用いただけるよう、アクセシビリティの向上に努めています。提供しているアクセシビリティ機能の内容を継続的に見直し、アクセシビリティの重要性について従業員に教育し、Indeed サイトのアクセシビリティの継続した改善を行っています。Indeed はすべての人々の仕事探しのお手伝いをすることを使命としており、アクセシビリティは私たちのミッションを実現するための欠かせない要素です。

デスクでオフィスチェアの背にもたれる義足の男性と、その椅子のそばにダックスフンドがいるイラスト。
デスクでオフィスチェアの背にもたれる義足の男性と、その椅子のそばにダックスフンドがいるイラスト。

アクセシビリティ向上の取り組み

Indeed の職場やサービスのアクセシビリティを向上するために、私たちは次のような取り組みを行っています。

  • アクセシビリティを考慮した社内方針の策定
  • 従業員を対象としたアクセシビリティ研修の継続的な実施
  • アクセシビリティに関連する明確な目標や責任の設定

適合基準

Web Content Accessibility Guidelines(WCAG)(英語ページ*)は、障がいのあるユーザーのアクセシビリティを向上させるための、デザイナーや開発者に向けた要件を定義しています。デジタルインクルージョンは Indeed のダイバーシティ、インクルージョン、および帰属意識の戦略の一部であり、WCAG 2.1のレベルAAに準拠して、アクセシビリティの高いサービスを設計・開発しています。WCAG 2.1のレベルAAの基準を参照し、Indeed のサービスが、ADA(障がいのあるアメリカ人法)とSection 508(リハビリテーション法第508条)で定義されているすべての人々のニーズを満たせるよう、継続的な取り組みを続けていきます。

*WAIに認定されたWCAGの内容の一部の翻訳(一部非公式)は、こちらこちらで見ることができます

フィードバック

Indeed のアクセシビリティに関するご意見やご感想、ご要望などがある場合にはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ